【福岡】実は花菖蒲もスゴイ!太宰府天満宮の菖蒲池が美しすぎる

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

HAPPYなお出かけを求め、福岡近郊をかけめぐっています。 20代の頃はFREEDOMな独り旅に夢中。子育て中の今は家族でお出かけを楽しんでいます。福岡在住の40代です。

スポンサーリンク


雨降りの梅雨の季節。休日お出かけしたくても雨。

せっかくの休日、どこにも行けずイライラがつのります。

雨が降らない休日は貴重!滅多にない貴重な時間だからこそ大事にしたい。

そんなあなたに、この季節だからこそ出会える素晴らしい場所があります!

それは花菖蒲が咲く太宰府天満宮の菖蒲池です。

太宰府天満宮といえば参拝と梅ヶ枝餅、観光地のイメージが思い浮かびますよね。

この梅雨の季節は花菖蒲の名所なんです。

私も初めて行ってきたんですが素晴らしいの一言です。

あなたも行けばきっと太宰府天満宮のイメージに大きく花菖蒲が追加されますよ。

大宰府天満宮アップデートです!

ではレポート

太宰府天満宮の花菖蒲

大宰府天満宮の花菖蒲は池に咲いております。水辺にたたずむ花菖蒲が楽しめる。規模は約55種3万本です。

これが素晴らしいんですよ。私は初めて訪れたんですが感動しました。

私以外にも「きれい」との感嘆の声が訪れた人から続々とに聞かれます。

毎年行きたくなる美しさです。雨降りが続く梅雨の季節に楽しみができました。

初めて花菖蒲を見る人もおすすめ。菖蒲池の周囲から花菖蒲を眺める形です。

太宰府天満宮の花菖蒲の魅力

花菖蒲の花束が美しい

鉢植えによる花菖蒲の花束。鉢ごとに違う品種で色や花の形が違います。1鉢、個々で見ても見事です。

品種名の札があるんですが小さくて、遠くにあるものは読み取れないのが残念です。

画像は肥後系八女姿。

紫陽花とのコラボ

菖蒲池の外側には紫陽花が咲いています。紫陽花はこれからが見頃のようです。

開花時期が重なれば花菖蒲と紫陽花のコラボが楽しめます。

展望デッキ

菖蒲池には展望デッキがあり、池の中央までいけますよ。ここが大人気。

みな記念写真を撮りあっていました。花菖蒲との距離が一番近い場所です。

お食事処からの眺め

菖蒲池に沿ってお食事処があります。菖蒲池の絶景をゆっくりと食事をしながら楽しめる。

窓際の席は最高ですね。大宰府に来るまでに食事をしたことを後悔。次回は利用したいです。

菖蒲池までの行き方

菖蒲池へは太鼓橋が目印となります。分岐点ですね。太鼓橋を渡らず右へ続く道に進みます。右ですよ。

この道をまっすぐ進めば菖蒲池に到着します。

まとめ

花菖蒲は室内鑑賞用に鉢植えされた個の美しさ。地面いっぱいに群生している集団の美しさ。

個と集の両方の美しさがあります。太宰府天満宮の菖蒲池はその両方の美が楽しめる。

紫陽花とのコラボも美しい。そしてこの絶景をゆっくり食事をしながら楽しめる。

イベント期間は夜間ライトアップやミニコンサートが開かれる。

なんて素晴らしい場所なんだ!福岡花菖蒲、イチ押しの場所です。

アクセス良好な大宰府天満宮の中にあるので、是非行ってみてください。

 

秋は菊の花も素晴らしいですよ

七五三、年賀状写真にお悩みの方!太宰府天満宮の菊花展がおすすめ

2017年11月6日

スポンサーリンク