【糸島】10万本の紫陽花が咲く白糸の滝はドライブするしかない!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

HAPPYなお出かけを求め、福岡近郊をかけめぐっています。 20代の頃はFREEDOMな独り旅に夢中。子育て中の今は家族でお出かけを楽しんでいます。福岡在住の40代です。

スポンサーリンク


糸島、山のドライブコースと言えば白糸の滝!

夏場は癒しの涼景観を求めて多くの人が訪れる大人気スポットです。

しかし、夏場より梅雨の時期こそ訪れて欲しい。

白糸の滝は紫陽花の名所なんです。

ただでさえ美しい白糸の滝に紫陽花が加わる。

夏の思い出の前に、美しい梅雨の思い出が作れますよ。

ではレポート!

白糸の滝の紫陽花

白糸の滝の紫陽花は6月下旬から7月中旬が見頃。規模は約5000株の10万本との情報です。

私が前回訪れた2017年は7月中旬の終わり、10万本の紫陽花の凄みを味わうにはちょっと遅すぎました…

今回2018年は目的を滝ではなく紫陽花に絞り、6月下旬の平日に訪れました。

前回は滝壺周辺に紫陽花が咲いていましたが、今回はまだ咲いておらず。

代わりに紫陽花のオブジェがありました。インスタ映えしますね。

滝前のベンチ脇に紫陽花が咲いていました。2017年7月中旬

白糸の滝はやはり素晴らしいです。今回も滝前のベンチでゆっくりと過ごしました。

絶景!斜面に咲く紫陽花

白糸の滝の紫陽花の1番の見どころはこの斜面に咲き誇る紫陽花です。

前回は花数が少なく終わりかけでしたが今回は見頃でした。目的達成!

 

場所は駐車場手前の橋の下です。水が流れ落ちるV字斜面の両サイドに一面に咲いていますよ。

橋の上から見下ろすのがおすすめです。

斜面を下ることができる

眺めているとやはり近づきたくなります…

自然歩道が整備されており今回、紫陽花が咲く斜面を降りてきました。

急斜面です、子供を抱っこして降りる方は要注意です。滑らない靴が良いですよ。

サンダルの私はバランスを崩して、手に持っていたスマホを落としてしまいました。

10キロを超える子供を抱っこの私は、5分ほど降りた白糸の滝発電所前までが限界でした。

最近子供の抱っこ攻撃が激しい…歩く時は歩くんだけど。

あきらめた自然散策コースの先が気になります。いつか踏破したいです。

ちょうど西日で斜面の紫陽花を綺麗に撮ることはできませんでした。残念です。

ドライブが楽しい紫陽花ロード

画像は白糸の滝駐車場の付近の車道です。白糸の滝入り口の林道から紫陽花が咲いています。

混雑期には渋滞している道ですね。スピードも落として走るので車窓から紫陽花が楽しめる。

思わず車を止めたくなるほどキレイでした。

まとめ

糸島、山のドライブコース定番の白糸の滝に紫陽花の魅力が追加されています。

白糸の滝入り口から駐車場前までの紫陽花ロード。

車から降りて楽しむ斜面に咲く紫陽花、そして涼景観の白糸の滝。

紫陽花と滝に癒されますよ。

平日の午後でしたが若いカップルも多く、人気のスポットです。

【糸島】白糸の滝に行くならぜひ寄りたい!絶品かき氷と大パノラマの展望台

2017年8月4日

スポンサーリンク