【佐賀】あこがれの馬場の山桜。開花情報は散り始め桜吹雪に感動!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

HAPPYなお出かけを求め、福岡近郊をかけめぐっています。 20代の頃はFREEDOMな独り旅に夢中。子育て中の今は家族でお出かけを楽しんでいます。福岡在住の40代です。

スポンサーリンク


満開の菜の花の中に咲く、一本桜。

一目でこの場所に訪れてみたいと思った。一度行ってみたい。

それと同時に、今は無理だろうとあきらめが生まれた。

こんな死ぬまでに行ってみたいと思う場所は日常から遠くにあるものだ。

どうせ関東方面だろうと撮影した場所を示す小さな文字を見ると…

佐賀武雄と記されていた。

夢のような場所から計算して行ける場所に変わった瞬間だった。

馬場の山桜。ふつふつと湧き上がる情熱を抑え、日々の日常をこなし行ってきました。

開花情報は散り始め。

ではレポート。

馬場の山桜について

満開の菜の花の中が咲く小高い丘にポツンと一本桜。

その名も馬場の山桜。

場所は佐賀県武雄市武内町真手野21236。

武雄市観光協会のホームページの情報によれば樹齢120年、桜の高さは12メートルです。

満開の様子の画像も確認できますよ。

このブログの画像は開花情報は散り始め、私が訪れたときのものです。桜の木は赤みを帯びていました。

開花情報は散り始めの馬場の山桜

ここに来るまで満開の様子の写真を見続けていただけに、散り始めの状態はちょっぴり残念。

しかし満開の菜の花の中に咲く馬場の山桜。その存在感は半端ない。

巨木には神が宿る。パワースポットです。

菜の花が咲く丘の下から見ると桜の木が赤みを帯び、散り始めでも十分美しいです。

散り始めだけどここに来れて良かった。

桜の木のそばに行くと、花は散っております。地面は桜の絨毯です。

上から花びらがひらひらと舞っています。

風が吹くと凄い!数え切れない程の花びらが舞う。

桜吹雪とはまさにこのことを指す。風に舞い散る桜に圧倒されました。

菜の花

菜の花も良いです。馬場の山桜がある小高い丘と丘の下に咲いています。

満開の菜の花、規模も十分。青い空に映えます。

丘を上がり一本桜の周りにも菜の花が咲いています。

桜が満開の時に行って見たい…桜と菜の花のコラボ。

ベンチも設置されており、のんびりできますよ。

駐車場

車の駐車は馬場の山桜へと向かう道の路肩に駐車するスタイルでした。

登り側に寄せ駐車します。下りの反対側はダメとの看板があります。

開花情報

開花情報は武雄市武内公民館のブログが大変参考になりました。

毎回チェックし馬場の山桜に行く日を楽しみにしていた。

もしもこのブログがなかったら、こんなにも早く私は訪れることはできなかった。

ありがとうございます。

まとめ

菜の花が咲く丘にあるポツンと一本桜。馬場の山桜。

樹齢120年の巨木の桜。

散り始めの状態でしたが満開の菜の花と舞い散る桜吹雪に感動。

次回は満開時に会いに行きたいです。

スポンサーリンク