【福岡】中山大藤まつり3つの見どころを紹介!藤棚のフードコートで団子派も楽しめる

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

HAPPYなお出かけを求め、福岡近郊をかけめぐっています。 20代の頃はFREEDOMな独り旅に夢中。子育て中の今は家族でお出かけを楽しんでいます。福岡在住の40代です。

スポンサーリンク


世界が認めた藤園がある福岡県ですが他にも素晴らしい藤の名所があります。

川下りとうなぎが有名な水郷、柳川市にある中山大藤です。

毎年、見頃時期になると露店が並び中山大藤まつりが開催されます。

ここがすごく良い!

花も団子もある花見まつりに集う人々みな幸せそう。

河内藤園とはまた違った良さがある。

今回、見頃時期に行ってきた私が中山大藤の魅力を3つにまとめてみました。

ではレポート

中山大藤まつりとは

熊野神社境内にある樹齢3百年の大藤。福岡県の天然記念物に指定されています。

場所は福岡県柳川市三橋町中山583-1。

見頃時期に合わせて露店がならび、イベントが行われる中山大藤まつりが開催されます。

夜間はライトアップが行われる。これが無料で楽しめるのは凄いです。

中山大藤まつりの3つの見どころ

アーチの石橋と藤がすごい

まずはなんと言ってもここ!水路にかかるアーチの石橋と藤。

真っ先にくぐりたい、わたりたい、風情がある場所です。

正面の提灯の前で、橋の上でカメラを撮りたくなりますよ。

藤の花の下、登って下るアーチの石橋。藤の花の見え方に変化があり、花との距離もちかい!

中山大藤で最もおすすめな場所です。

橋の下に降りることもできますよ。水面に映る藤もきれいでした。

藤棚のフードコートでの花見

藤の花の美しさだけで終わらないのが中山大藤のすごいところ。

藤の花が垂れ下がる藤棚には椅子とテーブルが設置されており、周囲には露店がならんでいます。

藤棚のフードコートと私、勝手に呼んでおります。

初めて訪れた時は驚いた。

露店と賑わう花見客そして藤が見事に調和している。

花見まつりの美がここにある。幸せな時が流れています。

柳川といえば名物のうなぎ!うなぎ料理を楽しめる露店もありました。

その中でうな巻きをチョイス。うなぎ料理を手軽に味わえ、おすすめですよ。

藤のトンネルもあります

アーチの石橋と藤、藤棚のフードコートに加えて藤のトンネルも楽しめます。

歩き疲れることなく程よい広さ。中山大藤は1ヶ所で藤の魅力を十分に味わえます。

駐車場、アクセス

会場近くの立花いこいの森の駐車場が便利ですが満車の場合

2キロ先の臨時駐車場に止めそこから無料シャトルバスを利用。

私は平日に行ったのですが立花いこいの森駐車場は満車でした。

臨時駐車場からシャトルバスを利用、ストレスなく快適でしたよ。

臨時駐車場の位置を確認してから向かうことをおすすめします。

2019年の臨時駐車場の位置を地図を下に貼りますが柳川市の公式HPで確認してください。

公共機関で行かれる方は西鉄柳川駅とJR筑後船小屋から会場まで
臨時路線バス、有料で運行されています。

まとめ、開花情報

開花状況、詳細は柳川市の公式HPが詳しいです。出かける前に確認を。

無料で楽しめる藤の花の名所です。私が紹介する見どころは3つ。

  1. アーチの石橋と藤
  2. 藤棚のフードコート
  3. 藤のトンネル

いつか夜間のライトアップに行きたいです。ライトアップを含めたら4つですね。

場所

スポンサーリンク