雅びやかな紫陽花!福岡市筥崎宮のあじさい苑に行ってきたよ

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

HAPPYなお出かけを求め、福岡近郊をかけめぐっています。 20代の頃はFREEDOMな独り旅に夢中。子育て中の今は家族でお出かけを楽しんでいます。福岡在住の40代です。

スポンサーリンク


梅雨空の6月。お出かけを控えるとこですが紫陽花が見頃。

今日の午前は雨が降らないとの予報…うーん行くか。

福岡市の紫陽花名所。筥崎宮に行ってきました。

博多3大祭りの1つ、秋祭り放生会が行われる福岡市東区の神社ですね。

ちなみに博多3大祭りの残り2つは、春の博多どんたく、夏の博多祇園山笠です。

さて紫陽花が見頃の筥崎宮、祭りの活気やにぎやかさはありません

代わりに和みと癒しの上品な時間がありました。

ではレポート

 

あじさい苑までの道のり

あじさい苑は境内の奥に位置します。案内も出ているので迷うことはないです。

まずは参拝。

勝負の神として福岡のスポーツチームの必勝祈願が奉納されていました。

 

参拝をした楼門に大きな案内がでています。あじさい苑の入り口です。中の受付でチケットを購入してからの鑑賞となります。

 

苑内の様子

小道に沿ったあじさいを楽しむかたちです。苑内インストゥルメンタル(歌声がない曲)がBGMとして流れています。

おそらく、雅楽器と現代楽器を織り交ぜた東儀秀樹さんの曲。苑内の雰囲気とマッチしています。

穏やかになれる癒しの空間ですよ

 

東屋もあり近くに自販機もあります。ゆっくりと休憩できました。

東屋では蚊取り線香が置かれていました。虫刺されが嫌な方は対策を。

妻は子供に虫除けを施しました。私はノーガードでノーダメージ。

 

記念撮影スポット

入り口から進むと直ぐに、記念撮影にぴったしの紫陽花が展示されています。

私が写真を撮っているとマダム3人組に写真を頼まれました。

iPadのディスプレイに映る3人のマダムと紫陽花。画像を確認してもらったんですが、

「わーすごい」と満足の返事。華やかで上品な写真が撮れましたよ

帰り道もここを通ります。あじさい苑の終わりにじっくり撮ることもできますよ♪

 

筥崎宮でフルフルのパン

今年もあじさい苑でパン屋フルフルビレッジのパンを販売していました。ここの明太フランスパンは美味しい。もう一度食べたいです。

しかし今日は火曜日残念。東屋で休憩しフルフルのパンを食べる計画が崩れてしまった…

 

ナガタパン

 

あじさい苑の帰りは箱崎宮から歩いて直ぐ、昭和レトロなお店ナガタパンで練乳パンを購入しました。

場所は筥崎宮、一之鳥居を正面に右手に進むと直ぐに見つかります。店内でイートインもできます。おすすめです。

隣の古民家カフェも気になります。

 

この時期ゆりも楽しめる

箱崎宮内の花庭園でゆりが見頃。場所は地下鉄「筥崎宮前駅」の隣です。あじさい苑の帰り道になります。

あじさい苑の半券で割引があるのでお得ですね。

 

筥崎宮あじさい苑 料金・駐車場

2017年の情報です

期間 6月1日〜6月30日
開園時間 9:30〜17:00
休園日 期間中は休みなし
料金 300円

保護者同伴の場合中学生以下は無料

駐車場

箱崎宮宮前駐車場を利用しました。最初の1時間は30分100円それ以降は1時間100円です。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA