ここが極楽展望台!バイクが、好きだ。糸島展望台巡りついに完結

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

HAPPYなお出かけを求め、福岡近郊をかけめぐっています。 20代の頃はFREEDOMな独り旅に夢中。子育て中の今は家族でお出かけを楽しんでいます。福岡在住の40代です。

スポンサーリンク


行こうと思ったら行けるんだけど…なかなか行けない場所ってありますか?

極楽展望台こそが私にとってまさにその場所でした。

極楽展望台といえば、はろ展望台、いきさん展望台とならぶ糸島絶景展望台。

極楽の原意は幸福のあるところ…そんな極楽の名がつく展望台。

名前だけじゃないのと密かに思いつつも気になっていました。

「バイクで糸島ツーリングに行こう」と友人からの誘いがきっかけで

家族を残し、友と2人でバイクで行ってきました。

2つの展望台のさらに奥にある極楽展望台。

これまで秘境のイメージを持っていましたが、道を選べば、ストレスなく到着してしまいました。

ではレポート!

極楽展望台

極楽展望台は糸島展望台の3つ中で福岡市から一番離れた場所にある展望台です。

白糸の滝からアクセス良好な、はろ展望台、いきさん展望台のさらに奥にあります。

今回はいきさん展望台から奥に進まず、アクセス良好なルートをご紹介します。

極楽展望台への行き方

福岡市内から行くなら、まずは福吉。菜の花が咲く福ふくの里を目指します。

この日は4月で福ふくの里の菜の花が一面に咲いておりました。

トイレ休憩と極楽展望台のルートを再確認して出発。

まむしの湯が目印の県道143を登ります。まむしの湯を通りすぎ佐賀の七山村方向に進みます。

極楽展望台への分岐点です。分岐点は大きいのですぐにわかります。左に入らず直進すると佐賀七山村に行きます。

白糸の滝から行く、はろ展望台、いきさん展望台への目印フォレストアドベンチャー糸島の案内看板も出ていました。

白糸の滝へとつながる林道です。この先に極楽展望台がある。

ここから道幅が狭くなります。白糸の滝に行く道幅ぐらいですね、車でもいけますね。

林道といっても舗装されています。

山の木々の中を走っていると突然…視界がひらけている箇所が!

これが極楽展望台!これまで機会がなく行けなかった場所。ついに到着。

そして糸島展望台巡り、完全制覇!思い続けた場所だけあって感動しちゃいました。じーんときた(>_<)

いつも妻と子供を連れて車でのお出かけ、今日は二人を残してバイク。家族とのお出かけとは違う喜びを感じます。

自由への翼…バイクが、好きだ。

♪( ´θ`)ノ

極楽展望台の魅力

この素朴な感じ…ありのままの感じがたまらない。

糸島展望台の中で極楽展望台だけは愛車と一緒に写真を撮れる場所ですね。

糸島、バイク乗りおすすめスポットです。柵がないのでインスタ映えしますよ。

味わいがあるベンチ。写真を見ているとまた行きたくなってしまいました。

眺望です。トイレ休憩をした福ふくの里が見えます。一面、菜の花の黄色。ここからも味わえました。

画像左下の黄色は菜の花畑です。極楽展望台、その名の通り極楽な気分になる展望台でした。

糸島展望台3つの中で一番好きになった。最後にとっておいてよかったです♪

糸島展望台巡り

糸島展望台巡りの入り口はやはり白糸の滝。今回、友人と一緒にまずここを目指しました。

はろ展望台、いきさん展望台の2つの展望台がすぐ楽しめる。

はろ展望台

糸島展望台が初めての友人をはろ展望台に案内。

おー凄い!やはり感激していました。

一年ぶりのはろ展望台。やはり絶景でした(画像は2017年7月曇り空のものです。)

いきさん展望台

前回、子供が泣き叫び断念した、いきさん展望台です。

はろ展望台からすぐです。はろ展望台を見に行くならここもセットですね。近かすぎ…

高台を登ると展望台です。

久しぶりの、いきさん展望台。もちろん絶景。

まとめ

極楽展望台へは福よし、まむしの湯から行くとアクセス良好でした。

白糸の滝から長い時間林道を走らずにすみます。

バイク乗りの方はぜひ極楽展望台を目指してみてください。おすすめです。

4月の糸島ツーリング、菜の花がきれいでした。糸島ほんと素晴らしい場所です。

スポンサーリンク