【福岡】日本経済大学、バラが咲くイングリッシュガーデンに癒される

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

HAPPYなお出かけを求め、福岡近郊をかけめぐっています。 20代の頃はFREEDOMな独り旅に夢中。子育て中の今は家族でお出かけを楽しんでいます。福岡在住の40代です。

スポンサーリンク


福岡でイングリッシュガーデンが楽しめる。ピーターラビットが出て来そうな庭と言えばわかりやすい。

イングリッシュガーデンに咲くバラはローズと言いたくなる。

他の場所で見るバラとは違って見えます。

福岡バラ巡りに外せない場所です。場所は日本経済大学のキャンパス内。

大学生でなくても入園でき家族で行って来ました。

湖には白鳥もおり癒しの場所です。5月のバラの時期がおすすめ。

2019年は園内の一部のみを開放しています。

ではレポート

日本経済大学のイングリッシュガーデン

日本経済大学は太宰府市にある私立大学です。昔は第一経済大学という校名でした。

日本経済大学のキャンパス内にイングリッシュガーデンがあります。

一般の方でも入園料500円で入園できます。

見どころ

レンガの一本道

まず入園すると奥へと続くレンガ道が見どころの1つです。

両脇に咲く花々とパーゴラのつるバラが見事です。

パーゴラとはつる性の植物を絡ませる棚のことを言います。日本では藤棚が一般的ですね。

一面バラ一色と花数が多いわけでもない。しかし、イングリッシュガーデンに咲くバラに魅せられます。

主張しすぎない花々と周りの自然との調和が美しいです!

ナチュラル・ハーモニーに癒されます。来たかいがありました。

湖畔のバラと白鳥

入り口近くの湖畔の道にバラが咲いており、湖には白鳥がいます。

バラが咲く湖畔に白鳥がたたずむ。福岡にこんな素敵な場所があるなんて…おすすめです。

鴨はよく見るんですけどね、動物園以外で白鳥をみることはなかなかないです。

散策で出会うバラと彫刻

入り口から伸びる一本道を奥へと進みイングリッシュガーデンを散策。

道中バラを楽しむこともできますが、散策時間の中で目にする機会は少なめ。彫刻との出会いの方が印象的でした。

ウッドテラス

ウッドテラスでゆっくりとバラと白鳥を眺めるのがオススメの過ごし方です。

ひと通り散策したら、ここでゆっくりと過ごされる方が多かったです。

見晴らしが良いしバラと白鳥を楽しめます。

入り口の前でソフトクリームが200円で販売していました。ウッドデッキに持ち込んで至福な時を味わえますよ。

2019年5月、日本経済大学のイングリッシュガーデン

料金不要で一部を開放

2018年7月の大水害で園内が被害を受け閉鎖されていました。

2019年5月9日より料金不要で一部を開放の案内が出ております。

レンガの1本道の先が立ち入り禁止でした。

湖畔の道も奥には進めず立ち入り禁止となっています。

つまり、散策で出会うバラと彫刻は楽しめません。

それでも、イングリッシュガーデンのナチュラル・ハーモニーに癒されました。

白鳥も元気です。

まとめ

イングリッシュガーデンで咲くバラ。周りの自然との調和が素晴らしかったです。

湖には白鳥がおり福岡にこんな素敵な場所があるなんて…知りませんでした。

バラが咲く時期にはぜひ行きたい場所の1つです。

開園期間は9時から17時 年中無休。入場料金が500円。高校生以下は無料。

補足
補足
2019年5月は入園無料ですが園内一部のみ開放

駐車場は校内の駐車場を利用しました。

詳細は日本経済大学イングリッシュガーデン公式HPを確認して下さい。

スポンサーリンク