【福岡市】風疹抗体検査は無料の区の保健福祉センターに行ってきた

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

HAPPYなお出かけを求め、福岡近郊をかけめぐっています。 20代の頃はFREEDOMな独り旅に夢中。子育て中の今は家族でお出かけを楽しんでいます。福岡在住の40代です。

スポンサーリンク


妻が妊娠しており風疹抗体検査に行ってきました。

ストップ風疹、赤ちゃんを守れ!

風疹予防接種の呼びかけをニュースで知ったのが気かっけです。

風疹は妊婦、特に妊娠初期の女性がかかると、胎児に感染する可能性がある。

先天性風疹症候群という病気にかかってしまう。

先天性心疾患、難聴、白内障が主な症状で他にも様々な症状を引き起こす。

私は第一子の時はまったく知りませんでした…

さっそく近くの医療機関に問い合わせると抗体検査に6,000円ほどかかるとの返事。

予防接種前の抗体検査に6,000円は痛い。

そこで無料の各区の保険福祉センターに行ってきました。

本当はもっと早く行くべきところです。

平成31年3月1日から私が体験してきた時と条件が大きく変更されています。

  1. 無料で受けられる方の条件の変更
  2. 無料で検査が受けられる場所の変更

私が体験した福岡市各区の保健福祉センターは平成31年3月末までとなっております。

代わりに福岡市467箇所の医療機関で抗体検査が受けられます。

詳しくは、福岡市のHPで確認されてください。

ではレポート

風疹について

風疹の問題は妊娠初期の妊婦が感染すると胎児に感染する可能性があること。

生まれてくる子が先天性風疹症候群にかかってしまう可能性があるからだ。

そしてインフルエンザより強い飛沫感染である。咳や会話で飛び散る飛沫でうつる。

電車やバスの利用で知らずに風疹にうつってしまうリスクがある。

ストップ風疹のホームページがわかりやすくおすすめ

風疹について何も知らないかたはNHKのホームページ、ストップ風疹〜赤ちゃんを守れ〜を見て欲しい。

年齢から風疹の危険度がチェックができるし、最新の動向を含めわかりやすく解説しています。

厚生省や国立感染症研究所のホームページでの解説より行動にうつしたくなるページです。

ストップ風疹、赤ちゃんを守れ

生まれてくる赤ちゃんを守るために今、私たちがしなければいけないことがあります

NHKストップ風疹 より引用

2018年アメリカの政府機関は日本の風疹を警戒

アメリカの疾病対策センターが2018年の10月に妊娠中の女性に対し日本への渡航を自粛するよう勧告したほどです。

風疹の流行は関東地区が多かったのですが大阪そして福岡にも広がっています。

福岡市各区の保健福祉センターの無料風疹抗体検査について

対象者

抗体検査時に福岡市に住民票があり,次のいずれかに該当する18歳以上の方。

  1. 妊娠を希望する女性(妊娠中の方を除く)
  2. 妊娠を希望する女性と同居している配偶者,パートナー、同居者
  3. 妊婦と同居している配偶者,パートナー、同居者

同居者とは、生活空間を同一にする頻度が高い家族などをいいます。

ただし2と3について妊娠希望者や妊婦が風疹の感染予防に十分な免疫を保有していることが判明している場合は対象外になっています。

当日持参するものとして

  1. 住所を証明する書類 (運転免許証・健康保険被保険者証・住民票など)
  2. 対象者2と3の方は妊娠希望者や妊婦が風疹抗体検査を受けている場合はその結果等
注意
ただし,過去に風しんの抗体検査(妊婦健診時の検査を含む)や,明らかに予防接種を受けた方(ご自分の母子手帳などで確認してください),または風しんにかかったことのある方を除きます。

検査の実施の日時

福岡市に住民票があればどの区の保健福祉センターに行っても大丈夫です。

予約は不要ですよ。

時間帯は9時から11時で第1・3の月から木曜日までしか実施されていません。

仕事をしている方は計画的に休みを取らないと行けないですね。

西区保健福祉センター 第1・3月曜日
中央区保健福祉センター 第1・3火曜日
東区保健福祉センター
南区保健福祉センター
城南区保健福祉センター 第1・3水曜日
早良区保健福祉センター
博多区保健福祉センター 第1・3木曜日

平成31年3月より保健福祉センターよりお近くの福岡市467箇所の医療機関で抗体検査が受けられます。

検査を受ける時は、事前にお問い合わせの連絡と福岡市の無料風疹抗体検査の希望であることを伝えてください。

中央区保健福祉センターでの風疹抗体検査

私は中央区の保健福祉センターで風疹抗体検査を受けに行きました。

場所は福岡市健康サポートセンターあいれふの5階です。

エレベーター前には黄色で目立つ案内がありました。

エレベーターで5階に上がり、受付で風疹抗体検査を受けにきたことを告げます。

あとは記入用紙を受け取り、係の方の案内に従い採血。20分から30分ほどで終了です。

私の他に十数名が検査していました。男女比は男性4女性6ぐらいでした。

検査結果は約2週間ほどです。結果を聞くのに再訪問は避けたい。私は郵送を選択しました。

事前に82円切手と封筒を準備する必要があります。

行く前にコンビニより切手と封筒を購入しました。ちなみに封筒はセブンイレブンで200円でした。

駐車場と駐輪場

車できた場合はあいれふ専用駐車場を利用することになります。

地下駐車場で料金は30分100円です。台数50台 (機械式が38台、平置が12台)画像は平置です。

駐輪場もあります。自転車、バイクの方も安心できますね。

現代アートを楽しむことができます

この見覚えがある水玉模様は…

やはり草間彌生の作品でした。3つの帽子のオブジェがありました。

米国の現代芸術家のキース・ヘリングの作品です。赤い犬が空に向かって吠える!

まとめ

ストップ風疹!赤ちゃんを守れ。

福岡市でお住いで妊活中の方。妊娠中の配偶者、パートナーの方は抗体検査に行くべきです。

私が体験した時と大きく条件が変更されていますので福岡市の公式HPで確認されてください。

福岡市の無料風疹抗体検査について

福岡県の無料風疹抗体検査について (福岡市、北九州市、久留米市、大牟田市の方は対象外です)

スポンサーリンク